プラセンタに含まれる成分

プラセンタがどうしてこんなにすごいのか、ちょっと成分についても知っておきましょう。
プラセンタの有効成分には、まず人間の身体を作る上で必要な3大要素である、たんぱく質、脂質、糖質があります。
そしてもちろん、ビタミンとミネラルもありますので、5大要素もしっかり網羅されていますね。
これだけの栄養素が揃っていれば、しっかり栄養補給が出来ます。

そしてプラセンタのプラセンタたる一番の有効成分が、成長因子(EGF)です。
核酸や酵素など、人間が生きていく根本的なベースとして必要な成分がこれで、最近ではこの成長因子に着目した医薬品やスキンケアコスメなども世界中で研究開発されつつありますね。
こうした成分は、一言で言ってしまえば、人間が正常に機能するために必要な成分のすべてと言えます。
生命を維持して、健康に成長していく、そのための大切な要素が詰まっているのです。

核酸は細胞ひとつひとつの中に必ず存在するものですが、このはたらきがないと分裂が鈍って代謝が悪くなります。
核酸は体内で再合成することは出来るので、通常は食べ物から摂取する必要があります。
プラセンタなら、それを効率的に行うことが出来るのです。

酵素は、最近は代謝を上げるための成分としてサプリメントでも注目されていますよね。
食べたものを消化するにも、分解するにも、吸収するにも、代謝するにも酵素は必要です。
プラセンタにはそれも含まれています。
まるでスーパーサプリメントですね。