プラセンタとは

プラセンタとは、胎盤という意味です。
「え、胎盤って、あの胎盤?」とびっくりする人もいるかもしれませんが、その通り、哺乳類が赤ちゃんを育てるために子宮の中に出来る胎盤そのものです。
そこから抽出される成分を使って、新たに美容に活用する技術が確立したのが今広く販売されているプラセンタ商品の数々です。
原材料には家畜として飼われている動物が多いので、豚や羊、馬などのプラセンタがあります。
昔は牛も入っていましたが、牛は狂牛病の影響が懸念されるために使うことが禁止され、羊も日本では使われません。
日本で出回っている美容商品は豚由来か馬由来のものですが、馬のほうが飼育環境が優れていて希少価値も高いために高級品として扱われています。

プラセンタには動物を育てるための必要な要素がすべて含まれていると言っても過言ではなく、その効能には確実な作用が認められています。
医療の現場でも医薬品として使われているのですが、医療用には人由来のプラセンタ以外法律で使用が禁止されているので、一般に出回っているものとは性質が異なります。
私たちが普段身近に見かける化粧品やサプリメント、ドリンクなどで使っているのは豚由来か馬由来ですが、直接飲むサプリメントでは最近では馬プラセンタのほうがかなり人気を集めています。
馬の一回の出産時で生まれる頭数が少ないことから、必要な成分が多く残されていることも大きく関係していると言われています。